3月の江戸寺子屋

3/16 土曜日

 

今回の寺子屋のテーマは「猪突猛進の為の身体と心をほぐそう」スポーツセンターの会議室に、各々ストレッチの出来る格好で集まり、まずはラジオ体操第一の1つ1つの動作を確認。

 

ラジオ体操はそもそも筆から鉛筆に筆記具が変わった際に、総じて猫背になった生徒たちの身体を伸ばすために始めたのが始まり。


どの動作にも理由があり、普段使ってない筋肉が悲鳴を上げ、今までどれだけ適当にやっていたかを身に染みました。


ここまでで本来であれば15分で終わる内容を、約1時間を費やして全員今まで感じ取れていなかった、身体からのシグナルを感じることが出来た。


その後全員で瞑想を行ったりと、心身ともにしっかりとほぐした寺子屋となりました。

 

2月の江戸寺子屋

2/2 土曜日

今回の寺子屋のテーマは「自分が生まれた干支の好きなエピソード」

前回の1月と同じ新宿で、コーヒーもご飯も美味しくいただける場所に集まり、まずはお腹を満たすことに。

同じ干支でもエピソードは違い、飼ってた動物の話、干支について調べた話、年女の時に結婚した話、干支の動物の画像から気になって調べた生態の話、昔話からの引用した話と多種多様。

それぞれの干支が、この亥年をどうやって過ごすのがよいのかアドバイスを受けました。

最後の最後に、まさか、まさかの爆笑事が起き、また今回も笑顔があふれる寺子屋となりました。

1月の江戸寺子屋

1/19 土曜日

今年最初の寺子屋は、総勢20名以上の大所帯で、明治神宮を参拝。澄み渡る青空の下、いくつかの群に分裂しながら、明治神宮の参道の砂利を踏みしめ、手水舎へ。

前厄、本厄、後厄の厄除け祈願と、江戸寺子屋として心願成就で御祈祷をうけ、御神酒をいただき、外に出ると運良く神前結婚を執り行った新郎新婦に遭遇。素敵な幸せのおすそ分けをいただくことが出来ました。ありがたや。

その後場所を新宿に移し、お腹がいっぱいになったところで、それぞれの今年の目標を発表し、目標達成のために毎日行うことや、心がけていくことのアドバイスを受けました。

笑う門には福来たる。
今年の初めもたくさん笑い声のあふれる寺子屋となりました。